【Bybit:仮想通貨、NFT】バイビットで口座凍結される理由 原因と解除方法

Bybit

仮想通貨取引所のBybit(バイビット)では先物や現物の市場で口座を凍結されてしまうことがあります。と言ってもかなりのレアケースであるため、大半のユーザーにはあまり縁のない話かもしれません。実際に過去にも口座凍結されてしまった例はあるため、どのようなときに当てはまるのかを記事にしています。

口座凍結

口座凍結をされてしまうことはめったにない稀有な事象と言えますが、実際にはあり得ます。口座凍結されてしまうと、暗号資産のトレードもできなくなりますし、口座に入金したお金も引き出せなくなります。クリックしてもコイン購入手続き、決済も不可能になり、本人確認(KYC)をしてもウォレットの資金も金額送金不能になります。どのようなときに口座凍結、停止されるのか、下記を参考にしてください。

アクセス制限国

Bybitではお客様の登録や機能の利用を時間問わず説明なしで禁止している国があります。Bybitのアクセスが規制されている国のIPからページにアクセスし、Bybitにログインを行う場合に、アカウントが一時的に凍結されます。実際に該当する国は下記から確認が可能です。これを解除するには、サポートに連絡し、身分証などを提示する必要があります。よくある質問や利用規約も確認しましょう。

自己アフィリエイト

自己アフィリエイトとは、自分に割り当てられている紹介リンクを経由してアカウントを自分で開設すると言うもの。Bybitでは公式で自己アフィリエイトが禁止されているので、注意しましょう。これが発覚してしまうと口座凍結になります。当たり前ですが禁止事項になるので、許可されていません。

不正な取引

明らかに不正な方法で取引をしている場合やセキュリティ面で問題のあるような行為を行った場合は口座が凍結されます。具体的には他人のアカウントを乗っ取り、不正に操作している場合などがまさにそれです。当然ながら、禁止事項になるため、アカウントは凍結されます。

サーバーに負荷をかける取引

サーバーに負荷をかけるような取引も運用上の障害になります。短時間で大量注文をしたりする場合がまさにそれです。サーバーに多大な負荷を与えるものになってしまうため、アカウントを凍結されてしまう可能性があります。これは自動売買などをしている人も注意です。

利用者が18歳以上でない

Bybitの利用者は18歳以上という規定がありますので、この条件を満たさずアカウント作成して取引するとアカウント凍結になるかのうせいがあります。

アカウントハッキング

意図的に第三者のアカウント情報を盗んで悪用した場合もアカウント凍結の可能性がありますが、この場合は一度凍結された場合は二度とトレードができなくなる可能性が高いと思っておいてください。この場合は明らかに悪質な例になりますので、運営側によって永久追放される可能性があります。

迷惑行為

他のユーザーや運営側に対して露骨な迷惑行為を行った場合は、アカウント凍結の可能性があります。この場合は、通報などによって発覚することになるでしょうが、いずれにしても、今すぐ行為を辞めて、運営側と交渉し、アカウント凍結解除に向けて交渉したほうがいいです。

凍結解除方法

現在、基本的にアカウントが凍結されてしまうと、完全にそのアカウントはいつでも操作不能になります。そのため個人でそれぞれ新規でアカウントを作成して、画面から連絡をするしかありません。ただし下記の例の場合は口座凍結を解除することは難しいです。自身で新しい対応はできない状況なのでサポートとの交渉になるでしょう。

登録禁止国の場合

上記で紹介したようにBybitでは特定の国のアクセスと登録を禁止しています。それにもかからわず、登録してしまった場合は、口座凍結の対象になりますし、解除の対象にもなりません。また、登録禁止国の方で登録できてしまった場合は、大半の例が、別人の身分証や住所確認書類などを提出していることが多いため、悪質行為とみなされることが多いです。

BOTによる運用

自動売買などのシステムトレードでサーバーに過負荷を与えると、運営側にも迷惑をかけることになります。これは実際にツールを運用しているトレーダーが凍結されている例があり、今後も同様の例は起こると思います。そもそもですが、自動売買は大きなトレンドが起こった場合に必ず破綻するようになっているためお勧めしません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました