【Gate.io:初心者向け】ゲートアイオーの会社概要、金融ライセンス、取引所の安全性解説

Gate.io

Gate.ioは2013年に設立された仮想通貨取引所で、日本人は(blockchain、cryptocurrency)利用はできるのか?、メリットを本記事で解説します。ここは比較的古い会社と言えるでしょう。そんなGate.ioは登録者も1000万人を超えている世界有数の取引所ではあるのですが、金融ライセンスは取得しているのでしょうか?そして、安全性に問題はないのでしょうか?

会社概要

Gate.ioは2013年に設立された仮想通貨取引所です。

この取引所は中国で創設されたので、不安を感じる人がとても多いでしょう。しかし拠点はその後ケイマン諸島に移動しておりますので安心して使用することができます。以下の情報は2023年時点での情報になります。手数料はMaker・Takerで0.15~0.2%とやや割高です。しかし高いセキュリティ対策で資金は守られます。購入、トークン管理、保有にも安心の取引所です。VIPサービスもあるため、魅力がかなり多いです。

Company NameGate Technology.inc
HeadquarterCayman Islands
Founding year2013
Number of UsersOver 10 million
Number of Cryptocurrencies1730
Loss Cut100%
Max Levarage100
Min Deposit0.0001BTC~
Trading FeeFree
Bonus
Securitytwo-factor authentication
cold wallet
multi signal
URLHome

運営会社

Gate.ioはGate Technology Inc.によって運営されておりますが、Gate Technology Incについてはあまり情報がありません。あまり情報がない会社ということもあり、やや不安な面があることは間違いないでしょう。ただしGate.ioは後述しますが、世界展開にかなり力を入れており、アメリカなどに進出をしています。複数の州で暗号資産取引所運営に関するライセンスを取得しており、世界展開がかなり強くなってきています。

パートナーシップ

Gate.ioは日本のブロックチェーン開発を行っているHadow社とパートナーシップ契約を結んでいます。Hadowはブロックチェーン技術を活用し技術的問題を解決してくれるコンサルティング企業です。今後は両社が手を組むことにより、さらに技術的な面とセキュリティ面両方において、さらに充実していくことが想定されます。

ビットコインなどでトレード可能

Gate.ioは世界で最大級のコイン数、種類(BTC、ETH、USDT、XRP、DOGEなど)を取引できます。トレーダーはビットコインなどをアプリでも簡単にクリックでトレード完了できるようになっております。自動売買もあり、さらに公式ボーナスやキャンペーンまでありますので海外取引所中ではかなり充実しています。web、モバイルアプリ両方でトレード可能です。

トレードスタイルが豊富

Gate.ioはトレードスタイルもかなり豊富です。信用取引、ステーキング、p2p支払い、現物取引、デリバティブ取引、流動性マイニング、エアドロップ報酬、割引制度もあります。指定トークン保有により新規上場コインのイベント参加も可能で楽しみなサービスも多いです。ポイント制度もあり、Gate.io内で使用可能。

サポートレベルは高い

Gate.ioはサポートの質も高いです。ブラウザ、アプリでもトレード可能。binanceやbybitよりも高いサービスレベルを実現しています。入出金は法定通貨も対応。トレードに困っていることにもサポートしてもらえます。買い方、売却、金融商品に関しての質問も受け付けています。為替レート相場の変動、下落の可能性についても助言をもらえます。

価格は変動する

仮想通貨の価格は変動が激しいです。最大レバレッジは自動で高く提供されているため、多くの利益を得ることができますが、招待されて新規の方が開始する際は使いこなせるまで現物などの商品で慣れることが大事です。最初は個人でスタートアップにおいては、マージン、値動きや資金管理、売買の仕方やウォレットの資金の保管、管理など知っていく必要があります。コンテンツで覚えていくことは多いです。コミュニティもありますのでこれからの方はシンプルに活用するといいでしょう。

最新情報の発信

ブローカーでは公式サイトの最新情報がメディアのニュースやSNS、ブログなどで常に業界で発信されております。新しい先物取引の取扱などサービスの詳細は確認してください。そしてその情報から銘柄の未来を予想してプラットフォームから投資、交換をします。大きな利益を効率よく得られるようになったら最適な独自のトレード手法を迅速に確立しましょう。公式ではタスクなどをこなすことで報酬を換金して受け取ることができますので便利。

金融ライセンス

Gate.ioは近年金融ライセンスを取得しています。これは前述した通りなのですが、Gate.io自体が世界展開にかなり積極的になっていることが背景にあります。これに伴い金融ライセンスの取得にもかなり積極的です。2022年にはアメリカのほうで金融ライセンスを取得、そして2023年には香港にも事業所を構えており香港の金融ライセンスを取得しました。アメリカの事業所に関してはすでにホームページが作られています。

BranchYearLocationURL
Gate HK2023Hong Kong
Gate US2022Unites StatesGate US Homepage

安全性

それでは次にGate.ioの安全性に目を向けてみましょう。Gate.ioのセキュリティ面と、運営会社の安全性両方を見てみます。

セキュリティ対策

Gate.ioはかなりセキュリティがしっかりしている仮想通貨取引所です。コールドウォレットを採用しているため、ハッキングリスクを抑えられるという点があります。さらには二段階認証を導入しているため、これにより顧客の資産をしっかり守ることが可能になっているのです。さらにそれだけではなくマルチシグナルを採用しており、非常にセキュリティがしっかりしています。

マルチシグ

マルチシグは仮想通貨を取引する際に必要となる電子署名となります。電子署名を複数利用することで、一つが漏洩しても、ほかの電子署名によって仮想通貨の不意な盗難事件を未然に防ぐことが可能となります。

コールドウォレット

コールドウォレットとは、ホットウォレットの対義語に当たります。インターネットに接続していない環境で利用される、ハッキングやウイルス感染の危険性が低いウォレットがコールドウォレットとなります。Gate.ioではコールドウォレットが採用されておりますので、リスクがとても低く抑えられていることになります。

運営会社の安全性

Gateは会社登記はケイマン諸島で行っているため安全ではあるのですが、以前は中国に拠点を置いていたため、中国とのつながりがある程度あることが想定されます。中国では現在、仮想通貨のトレードが禁止されています。そもそも中国自体が民主主義の国ではないため、ユーザーに人権もなければ自由度がありません。中華資本の影響を多少受けているGate.ioにも規制によるリスクが及ぶ可能性はありますので、今後のニュースには注目する必要があります。

中国の仮想通貨

中国当局は仮想通貨の規制を強化しているという歴史があります。2010年代は比較的仮想通貨市場にかなり寛容でしたが、2020年代以降介入する動きが目立ってきています。中国当局は金融機関や加盟金融機関に対して仮想通貨関連の口座の開設、登録、取引、清算、決済、保険業務など全てのサービス・業務を禁止しています。

アメリカとカナダ

さらにGate.ioでは大口顧客であるアメリカとカナダにも規制をかけています。しかしアメリカに関しては別会社がすでに設立されており、今後は登録ユーザーも増えていくと見込まれています。その他では日本も取引制限がかかっており、レバレッジなしの現物取引のみとなっていました。しかしこれは今は解除されており日本人でもレバレッジ取引が可能になっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました