【Gate.io:初心者向け】デモ口座とは? testnet 先物取引、追加方法

Gate.io

仮想通貨取引所のGate.ioではデモ口座のユーザーアカウントもありますので利用、登録方法を解説します。デモ口座はその名の通りで、架空のお金でトレードをするため、トレード初心者にはとてもお勧めの口座タイプになります。アカウントを開設すれば、でもトレードに参加できますので、初心者の方はチャレンジしてみましょう。

Gate.ioとは?主な機能と特徴について

Gate.ioは世界的にも知名度の高い仮想通貨取引所。ユーザーは多数のボーナスやキャンペーンを受けながら、トレードが可能。手数料はMaker・Takerで0.15~0.2%程度となっておりますので、それほど高くはありません。ウォレット内の資金移動設定も簡単で、入金方法も法定通貨(USD,EUR,GBP)、クレジットカード、仮想通貨(ビットコイン)、P2Pなどそれぞれ支払い方法がありかなり豊富です。複数のサブアカウント口座作成が可能で、色々なトレード戦略が採用できます。

セキュリティ対策が充実

最新セキュリティ対策、規制が充実しているため、かなり安全に取引ができます。二段階認証設定ができるので、とても安心して取引、チェックができます。世界中のプロフェッショナル個人投資家が利用をしています。証拠金がマイナスになるとゼロカットが採用されます。

取引方法が豊富

先物取引、現物取引、ETF、信用取引、ステーキングなどさまざまな取引方法があります。API機能も使えますし、公式ページからは収益、履歴状況のダウンロードも可能です。デバイスはモバイルアプリ、PCのwebブラウザいずれからも取引ができます。独自プラットフォームがあり、売買取引は簡単です。注文も分離マージン、クロスマージンに対応しています。

コインの取り扱いが多い

Gate.ioではBTC、ETH、USDT、EOSなど多数のアルトコインが豊富で業界で最も多くの種類をマーケットで取引できます。bitgetやokx、kucoin、binanceと同じレベルの満足度を誇ります。twitter、telegramやinstagramの公式ページサポートもあります。

イベントが豊富

スタートアップイベントがあり、GTトークン保有して新規上場コインを購入することで、エアドロップ受け取り獲得ができます。最新情報概要は公式サイトで確認できます。ボーナスやキャンペーンもあり特典もあります。またコミュニティがあり、意見交換も可能。またコアユーザー向けにVIPランクがあります。

取り扱い銘柄がおおい

Gate.ioは業界でも世界中で最も取り扱い銘柄が多いです。商品の取引が可能ですからサービスが充実しています。ライブで市場にアクセスし、現物や先物、グリッド、流動性マイニングが提供されています。ブローカーからの公式ニュースはブログやSNSなどのメディアで最新が発信されていますので役立ちます。

多言語対応がされている

Gate.ioはグローバルな仮想通貨取引所となります。そのためespañol、Русский、việt、简体、中文、portuguêsなど多言語に対応しております。世界中の地域から参加するトレーダーがいるのです。機関投資家も多く参加をします。コインもメジャー通貨に対応しており、bitcoin、ethereum、cardano、xrp、solana、dogecoin、gatetokenなども取り扱っています。

最大レバレッジは高い

現在の最大レバレッジは125倍で提供されておりとても高いです。さらにはアプリでも取引が可能なのでお得。取引履歴のダウンロードも可能です。公式サイトには用語集や利用規約もありますので見てみましょう。ボーナスはクレジットとして証拠金として使えますのでとても魅力です。招待プログラムもあり、個人で友達の紹介もでき、新規上場のコインも柔軟に取引が可能です。

学習コンテンツも豊富

Gate.ioでは取引についての学習コンテンツも豊富です。プロフィールを作成した後はウェブアカウントのなかで金融商品について勉強をしましょう。経済指標、マーチンゲール、ヘッジ、裁定取引(アービトラージ)、グリッドボット、ローンチパッドなどデジタル資産管理について学ぶことは常に多いです。

法定通貨にも対応

入金は銀行口座、デビットカード、クレジットカードで法定通貨にも対応しています。以下に対応しています。またtestnetもあり、デモから開始も可能です。大口取引をやるまえにまずはネットで多様なトレードに慣れることがおすすめです。

USD/JPY/EUR/GBP/NGN/PHP/IDR/EGP/UZS/CAD/MYR/BRL/RUB/INR/TRY/KZT/AED/CNY/HKD/ZAR/PLN/ARS/UAH/PGK/XOF/KES/PKR/GHS/UAH/THB/TWD/XAF/PLN/MXN/COP

デモ口座とは?

デモ口座とは自分の資金ではなく業者から用意された架空のお金を使ってトレードをおこなうことです。つまり損をしても利益を出しても、得も損もしません。自己資金を用意する必要がないため、何のリスクもないため、練習用の口座タイプとなります。デモトレードはリアルトレードと同じ環境で取引を体験してもらえるので、初心者の方にはとてもお勧めでしょう。

無料で口座開設

公式のデモ口座は基本的にお金がかかりません。無料でトレードの練習ができますので、気軽に練習することが可能になります。ステップはサービスにログインして画面から仮想通貨を選択、確認してクリックすれば即時に価格を注文完了できます。ブラウザだけでなくandroid/iosなどのスマホからアプリなどでも問題なくトレードが可能です。暗号通貨の商品は無期限の契約で今すぐ取引可能です。

初心者向け

運営のデモ口座でのトレードは残高が減っても、金額を失うこともないですし、増えることもありません。現金への交換もできません。まだトレード自体に慣れていない初心者の方にとてもお勧めの口座タイプです。また時間があるときに情報収集のためにwebでのニュース、メディアなどアクセスして購入する際の参考にしましょう。大手で非常にセキュリティや管理がしっかりしているので安心です。

デモ口座とリアル口座の違い

デモ口座は、リアル口座とは大きく異なる点があります。

リアルマネー

リアル口座の場合は実際の自分のお金を使用しますが、デモ口座の場合は架空のお金を使います。これによって人間心理の変化はとても大きなものになります。そのため、リアル口座でトレードしなければ全く練習にならないと考える人も多いです。

市場心理を体感できない

リアルトレードは自分の資金を使って取引をおこなうため、投資家心理による値動きを見ることができるのですが、デモ口座のトレードはそれを体感することができません。デモ口座はリアルトレードに比べて機械的になりやすいのです。

相場への影響

リアルトレードでは自分や自分以外のトレード内容が為替相場に影響をあたえます。一方、デモトレードは取引量が多くても実際の為替相場に影響を与えません。つまりデモトレードでどれだけ勝ったとしても、本番とは値動きが違うことが多いです。

本番で勝てるとは限らない

デモ口座は以上のような要素が絡んでしまうため、どれだけ勝ったとしても、リアル口座で勝てるという保証には全くなりません。そのためデモ口座でずっとトレードすることは決して良いことともいえないのが実態なのです。

デモ口座の参加方法

デモ口座に参加するためにはまず、ネットで無料口座開設をしなければなりません。公式サイトでの口座の開設に関しては以下の記事で紹介していますので参考にしてもらえるとよいでしょう。リアルマネーではないので個人でも経験なしでも気軽に始められます。銘柄によって損失の可能性がありますが痛手にはなりません。

口座開設が終わったら、デモ口座専用のサーバーであるtestnetがありますので、サポートセンターへ連絡してください。質問をすればtestnetのサーバーのURLを教えてくれますので、コンタクトを取るといいでしょう。サポートセンターは年中無休で対応しております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました