【Gate.io:初心者向け】資金調達率とは? 無期限先物取引 暗号資産 仮想通貨コインの購入と売却

Gate.io

Gate.ioは世界的にもとても有名な仮想通貨取引所の一つであり、世界で1000万人を超えるユーザーが毎日トレードをしています。そんなGate.ioでは資金調達率というものがあり、ポジションを保有している際に発生する手数料となります。資金調達率はスワップポイントとも呼ばれておりますので知っておいた方がいいでしょう。

Gate.ioの特徴

現在Gate.ioはBTC、ETH、USDTなどのメジャーなコインの取引が可能な取引所です。ニュースなどでも取り上げられる取引所で高ランクのセキュリティシステムを提供していますのでリスクがありません。資金はウォレットで管理され利用規約などの情報も公開しており、とても安全でクリーンな取引所です。

機能が豊富

Gate.ioではAPIキーなどが使えますので暗号資産の購入、売買システムのプログラム詳細を自分の端末で再現できます。コミュニティなどもありビットコインなどの情報交換も可能。取引履歴などはダウンロードも可能です。金融商品、コインも1000種類以上で豊富で簡単にリアルタイム取引ができます。機関投資家も多数参加しているブローカーです。友達招待、アフィリエイトプログラムもあります。

サービスが豊富

トレーダーはVIPサービスなども提供されています。プラットフォームも独自のものが提供され、特典ありのオークション、プロモーション、新規上場コインのスタートアップイベントも盛んにおこなわれています。学習コンテンツもあり、マーケットや業界の勉強もできます。ボットプログラムもあり、自動売買も可能です。信用取引、貸付、p2pなど様々な取引も可能です。コミッションもそれほど高くありません。

資金調達率とは?

資金調達率とは無期限先物取引においてポジションを保有している際に発生する手数料を指します。あくまで無期限先物取引であることが重要です。一般的な先物取引とは異なり、決済日が設けられていない先物契約が無期限先物取引と言います。ポジションを保有している限りかかる手数料となっていますので、スワップポイントとも呼ばれています。資金調達率は手数料ですがタイミングにより利益をして受け取ることも可能ですし、支払う必要も出てくる可能性があります。買いの時に資金調達率がプラスだった場合は手数料を支払い、資金調達率がマイナスだった場合は逆に手数料を受け取ることができます。

無期限先物とは?

無期限先物はその名のとおり満期のない先物取引のことを指します。先物契約では現物価格に関係なく価格が決定され、急騰落が激しい価格変動相場では現物価格と乖離する可能性が高いです。そのため、無期限先物契約では資金調達率を用いて、現物価格との乖離を調整し安定した収益を得ることが可能になります。これに対して一般的な先物契約では満期がやって来ると現物価格を基準としたポジションの清算がなされます。一般的な先物契約では現物価格と乖離しないことが多いのです。

資金調達率の仕組み

資金調達率はレバレッジをかけた取引と、仮想通貨の現物取引の価格の差をなるべく小さくするために設置されている手数料利率になります。従って、手数料率は常に一定とは限りません。資金調達率は、プラスかマイナスによって手数料を支払うユーザーが決定します

Funding Rate+
Long PositionreceivePay
Short PositionPayreceive

資金調達率が設定されている理由

Gate.ioではなぜ資金調達率が設定されているのでしょうか。これは主に需要と供給のバランスを整え、安定させるために存在します。仮に相場が右肩上がりの場合、ロングがショートを大幅に上回っている状態になっているので、実質市場価格が上がり続けている状態になっているわけです。この状態が継続してしまうと市場のバランスは大きく崩れてしまいます。そこで資金調達率を設定することで、ロング注文が多い時にはロングポジション保持者から手数料を徴収し、逆にショート注文が多い時にはショートポジション保持者から利息を徴収することで市場のバランスを保っています。

資金調達料の計算方法

資金調達料は一般的に以下の方法で算出されます。

資金調達料 = ポジション価額 x 資金調達率

ポジション価額 = 契約数量 / マーク価格

資金調達率を確認する方法

資金調達率を確認する方法はまずアカウント開設をしていなければなりません。以下の記事で紹介していますので参考にして口座開設をしておきましょう。

まずはログインをしましょう。画面上部のデリバティブ取引から無期限取引を選択してください。

Source : Gate.io

資金調達時間とその率に関しては、以下のようにしっかり記載されています。ちなみに資金調達率は通貨ペアなどで異なることがあります。

Source : Gate.io

コメント

タイトルとURLをコピーしました