【Gate.io:初心者向け】GateTokenとは? 独自トークン 特徴と将来性

Gate.io

Gate.ioは世界でも有数の仮想通貨取引所の一つになります。Gate.ioは独自トークンをもっておりGTと呼ばれています。GateTokenはもともと、GateChainで使用される独自のトークンでしたが、2020年には通貨の名称を変更しています。GateTokenは今後価値が上がっていくのでしょうか?特徴と将来性についてまとめています。

GateTokenとは?

Gate.ioは独自トークンであるGateTokenを開発しました。GateTokenを保持していると取引手数料の割引や割引価格でトークンが購入できる、さらにはステーキング報酬があるなどの特典があるため、Gate.ioを使っているユーザーにはとても馴染みのあるトークンです。GTを多く保有していると、手数料の割引率がさらに上がっていきます。コインを購入するとGate.ioのサービスで優遇されます。ethereumやbitcoinよりもサービスの中では重要なコインです。

TokenGateToken(GT)
Release year2020
Issue limit300,000,000GT
Issued number77,572,158GT
market capitalization
(2022)
¥66,186,843,597
Market ranking
(2022)
132
URLHome
coinmarketcap

Gate.ioとは?

Gate.ioの概要は2013年に創設された仮想通貨取引所です。この取引所は中国で創設されたので、不安を感じる人がとても多いでしょう。しかし拠点はその後ケイマン諸島に移動しておりますので安心して使用することができます。以下の情報は2023年時点での情報になります。特典が多いため評価も高く、金融商品の取り扱い数は世界一です。システムサポートもしっかりしており目的に応じたプログラムが安全に提供されています。

Company NameGate Technology.inc
HeadquarterCayman Islands
Founding year2013
Number of UsersOver 10 million
Number of Cryptocurrencies1730
Loss Cut100%
Max Levarage100
Min Deposit0.0001BTC~
Trading FeeFree
Bonus
Securitytwo-factor authentication
cold wallet
multi signal
URLHome

入出金方法がとてもたくさんある

Gate.ioでは入金方法、出金方法が豊富です。支払いはP2P、法定通貨、仮想通貨(ビットコインなど)送金の仕組みに対応しております。資金振替も容易ですしウォレット管理機能もかなり充実しています。安全性も高いため、ユーザーは保護されており落ち着いて取引が可能。反映時間の詳細はネットワーク混雑により送金時間が多少前後します。

取引方法が多数ある

Gate.ioでは現物取引、先物取引(デリバティブ取引)、ステーキング、defi、さらには流動性マイニングもあります。通貨もBTC、ETH、USDT、XRP、DOGEなどのメジャーなアルトコイン、tokenが取り扱い可能。さらに独自プラットフォームが提供されており、で市場の売買トレード開始が簡単にできます。

多数のイベントがある

暗号通貨の会社のイベントが現時点でかなりたくさんあり、ボーナスやキャンペーン、スタートアップなどに参加することで、エアドロップ獲得ができます。ユーザーはリスクが少なく、報酬をもらえます。さらにスマホやPCのwebブラウザにも対応しています。

GateTokenの特徴

GateTokenには以下のような特徴を持っていますので一覧にしました。仮想通貨の業界において相場、時価総額は変動しますのでニュースやブログなどネットでデータの情報収集はしておきましょう。

Gate.ioの独自トークン

Gate.ioの独自トークンに当たるのがGateTokenです。仮想通貨取引所のBinanceが発行する独自通貨BNBと同じような扱いになっており、このトークンを持つことで、割引やイベントの参加などができるため、付加価値が付いています。

GateChain

GateTokenは、独自のブロックチェーンであるGateChainで使用できます。GateChainはウォレットを作成し、仮想通貨を送金するときのガス代や、通貨をステーキングしたときの報酬に使用されています。さらにはGateChain EVMという機能があります。GateChain EVMは人間が書きやすいプログラミングコードを、コンピューターが理解できるコードに変換することが可能です。

セキュリティ性能

GateTokenはユーザーから預かった資産を、コールドウォレットというブロックチェーンから切り離したウォレットで管理しています。GateChainでは、通常のアカウントとセキュリティが高いVaultアカウントの2つを使い分けられます。

GateTokenの将来性

GateTokenの価格は2023年現在では668円程度になっています。GateTokenは見事な上昇曲線を描いており、上昇トレンドの最中にあることは間違いないでしょう。大手トレーダーである機関投資家による取引が活発に行われていることが分かります。テクニカル的には上昇気流に乗っていくと予想されています。

Source : Coinmarketcap

中国経済の動向

GateTokenのカギを握るのは中国でしょう。2023年現在Gate.ioは拠点をケイマン諸島においていますが、もともとは中国で生まれた仮想通貨取引所です。そのため中華資本との関係性は否定できず、世界中から制裁を受けている中国の実情を考えると現在没落中の中国経済の影響を受ける可能性は十分あります。

中国政府の規制

それにつけくわえて中国政府の規制によりデジタル人民元を普及させるため、仮想通貨に対する締め付けが厳しくなっています。2021年9月に中国政府は、仮想通貨に関する取引を全面的に禁止しました。それによる影響も受けていく可能性があります。今後はさらに締め付けが厳しくなると予想されていますが、ケイマン諸島にある取引所も影響を受けるかどうかは不透明です。

Gate.ioは上昇傾向

中国の不安要素はあるものの、チャートを見ればわかる通り全体的に上昇気流に乗っていることは間違いありません。Gate.ioはユーザー数が増加傾向にあり、さらにアメリカや香港にも拠点を作っていますので、取引所だけで見ればとても好調です。総合的に見ればこのトークンは価値がさらに高まっていくのではないかとみられています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました