【Gate.io : 初心者向け】NFTマーケットプレイスとは? プラットフォーム取引方法

Gate.io

近年NFTがとても大きな注目を浴びています。2020年代に世界の仮想通貨取引所は次々とNFTを取り扱うようになりました。そしてそれはGate.ioも例外ではなく、NFTマーケットプレイスがあります。それではそもそもNFTとは何なのか?どのようなものなのかを記事にしています。

Gate.ioとは?機能と特徴について

Gate.ioとは多数の機関投資家、トレーダーが利用する世界中で人気の仮想通貨取引所です。手数料はそれほど高くないうえにVIPサービスも展開しており好評です。最大レバレッジも100倍で二段階認証に対応しているため、セキュリティ対策がしっかりしております。コミュニティもあり、学習や情報交換が可能です。サブアカウント作成も可能で、複数口座作成ができます。

多彩な入金方法に対応

Gate.ioでは出金は仮想通貨(ビットコインなど)、入金支払いはP2P、仮想通貨、法定通貨(USD、EUR、JPYなど)、クレジットカード(VISA)にリアルタイム対応しています。サポートセンターの体制もしっかりしています。またwebブラウザ、モバイルアプリに対応しています。ウォレットでの資金管理もしっかりしており、ポートフォリオ口座、クラシック口座の振り替えもできます。

取り扱いコインが多い

Gate.ioでは取り扱いコインが多いのが特徴です。BTC、ETH、USDT、DOGEなどのメジャーなアルトコインを取り揃えています。さらに取引履歴はダウンロード可能。貸付、先物取引(デリバティブ)、現物取引、ステーキング、ETF、流動性マイニング、信用取引にも対応しています。注文はクロスマージン、分離マージンに対応しています。

サービスやキャンペーン開催が多い

Gate.ioではサービスやキャンペーンが常に開催されています。さらにイベントも多く、gatetokenを保有してスタートアップなどでは新規上場コインに投資をして、エアドロップ獲得ができます。最新情報が公式ページで確認できます。testnetなどデモ口座にも対応しており、さらには友達招待、アフィリエイトプログラムもあります。

イベントが豊富

スタートアップイベントがあり、GTトークン保有して新規上場コインを購入することで、エアドロップ受け取り獲得ができます。最新情報概要は公式サイトで確認できます。ボーナスやキャンペーンもあり特典もあります。またコミュニティがあり、意見交換も可能。またコアユーザー向けにVIPランクがあります。

取り扱い銘柄がおおい

Gate.ioは業界でも世界中で最も取り扱い銘柄が多いです。商品の取引が可能ですからサービスが充実しています。ライブで市場にアクセスし、現物や先物、グリッド、流動性マイニングが提供されています。ブローカーからの公式ニュースはブログやSNSなどのメディアで最新が発信されていますので役立ちます。

多言語対応がされている

Gate.ioはグローバルな仮想通貨取引所となります。そのためespañol、Українська、türkçe、Русский、deutsch、việt、简体、中文、English、日本語、portuguêsなどプラットフォームは多言語に対応しております。世界中の地域から参加するトレーダーがいるのです。機関投資家も多く参加をします。コインもメジャー通貨に対応しており、bitcoin、ethereum、cardano、xrp、solana、dogecoin、gatetokenなども取り扱っています。

最大レバレッジは高い

現在の最大レバレッジは125倍で提供されておりとても高いです。さらにはアプリでも取引が可能なのでお得。取引履歴のダウンロードも可能です。公式サイトには用語集や利用規約もありますので見てみましょう。ボーナスはクレジットとして証拠金として使えますのでとても魅力です。招待プログラムもあり、個人で友達の紹介もでき、新規上場のコインも柔軟に取引が可能です。

学習コンテンツも豊富

Gate.ioでは取引についての学習コンテンツも豊富です。プロフィールを作成した後はウェブアカウントのなかで金融商品について勉強をしましょう。経済指標、マーチンゲール、ヘッジ、裁定取引(アービトラージ)、グリッドボット、ローンチパッドなどデジタル資産管理について学ぶことは常に多いです。

法定通貨にも対応

入金は銀行口座、デビットカード、クレジットカードで法定通貨にも対応しています。以下に対応しています。またtestnetもあり、デモから開始も可能です。大口取引をやるまえにまずはネットで多様なトレードに慣れることがおすすめです。

USD/JPY/EUR/GBP/NGN/PHP/IDR/EGP/UZS/CAD/MYR/BRL/RUB/INR/TRY/KZT/AED/CNY/HKD/ZAR/PLN/ARS/UAH/PGK/XOF/KES/PKR/GHS/UAH/THB/TWD/XAF/PLN/MXN/COP

NFTとは?

NFTはNon Fungible Tokenの略称です。非代替性トークンと言われておりNFTとデジタル資産を関連付けることで、デジタル資産の所有者や取引履歴の管理ができるものです。今までは技術的な問題があり、デジタル資産がコピーされたものなのか、オリジナルなのかを認識することができませんでした。しかし近年は技術的にそれが判別できるようになり、代替が効かず、唯一無二の資産となり、価値が出てきたのです。それに伴いNFTに投資する方が急増しています。NFTを持っていることで価値が生まれ、取引されるようになったのです。

NFTの特徴

NFTは誰でも作成ができるという特徴があります。さらには細かい条件などをプログラムで設定することができるため、これまで資産価値の証明が難しいとされていたデジタルデータに、希少性をつけられるようになりました。最近ではNFTアートなども登場しておりアート市場も賑わっています。今後はNFTが不動産やゲームなどさまざまな分野で利用されると考えられています。

代替不可能性

NFTの場合は、例えば見た目はまったく同じデジタルアートでも、ブロックチェーンに記録されている識別情報も踏まえて作品ごとに価値が決まるので、見た目は同じアート作品でも、それぞれ代替不可能な存在として扱われ、価値が生まれます。

記録の改ざんが困難

NFTはブロックチェーンを基盤にしており、そこに作成者や所有者などの情報が記録されてます。ハッカーがブロックチェーン内の情報を改ざんようとしても、複数の場所を攻撃しなければならないため、そうした行為は事実上、ブロックチェーンでは困難と言われています。

プログラマビリティ

NFTにはプログラマビリティがあります。プログラマビリティとは、NFTにさまざまな情報や機能を追加できること。あらかじめ「二次販売の際に、売り上げの一部をクリエイターに納める」というプログラムをNFTに付与しておけば、そのNFTのクリエイターは二次販売が成立するたびにロイヤリティを受け取ることができるのです。

NFTマーケットプレイスとは?

NFTマーケットプレイスとは、NFTを取引できるプラットフォームを指します。この市場は2020年代に大手の仮想通貨取引所が行うようになり、BinanceやBybitだけでなくGate.ioでも行うようになっています。NFTクリエイターが利益を得られるだけでなく、市場が拡大しています。そのため、仮想通貨取引所に登録するユーザーの中にはNFT目当てで登録する方もとても増えているのが実態です。Gate.ioは取引所とNFTマーケットプレイスを持っており、ユーザー数は1000万人を超えます。

NFTマーケットプレイスの参加方法

Gate.ioでNFTマーケットプレイスに参加するためにはまずはアカウント開設が必須になります。もちろん本人確認まで完了させる必要があります。以下の記事で紹介していますので参考にしてもらえるとよいでしょう。

登録が終わったら、ログインをしましょう。画面上部のNFTをクリックしてください。

Source : Gate.io

NFTマーケットプレイスに移動します。それぞれ作品を購入することができますので、クリックしてみてみましょう。企画が常にあり、無料で購入することができる作品もあります。

Source : Gate.io

作品の概要や注意事項などがしっかり書かれていますので、読んでみてください。購入はボタンを押すことで可能になります。

Source : Gate.io

コメント

タイトルとURLをコピーしました