【Gate.io:初心者向け】NFTアートはなぜコピーできない? スクリーンショットコピー

Gate.io

2020年代に入り、突如人気が出てきているのがNFT市場です。この市場で出ている商品をコピーしたりして偽物を販売しようと考える詐欺師がいても、コピーは無駄だと言われているのはなぜなのでしょうか?その理由を説明します。

NFTをスクショやコピーしても意味がない理由

今NFTのアート、音楽、ゲーム、動画など色々な作品が出ていますが、中にはその作品をコインチェックやバイナンスなどNFTサービスで購入して、アイコン画像など同じデータをアプリでコピーを始めてしまう方がいます。さらに出品販売してビジネスで稼ぐことをしようとしている方もいるはず。しかしNFTをスクショやコピーしても意味がない理由があるのです。それは以下のようなことがありますので確認しましょう。

NFTは本物を見分ける技術

NFTは本物のデジタルデータを見分けるための技術です。そのため商品がコピー品か、正規品なのかがすぐにわかります。NFTは作品に対して、本物であるということをブロックチェーン上に刻むことが可能になっています。作品には「トークン」なるものが付与されていて、いつ、だれが、いくらで取引したのか、誰が所有しているのかなどがわかるようになっているのです。

コピーされても証明ができる

NFTはコピー自体は可能です。NFTはコピーをさせないための技術ではありません。NFTとは、デジタルデータに本物であるということを刻むことができます。これにより、コピーされたものかどうかが分かってしまうのです。仮にコピーされたとしても、「本物の証明」をすれば何も問題はないということです。

NFTをコピーされてしまったときの対処方法

もしNFTをコピーされたらどうすればよいのかという問題があります。NFTはコピー自体が防止できるようにはなっていませんので、コピーすること自体はできてしまいます。それではどのようにして対処をしたらいいのでしょうか。クリエイターは売りに出された作品の著作権は守られています。

取引情報を開示

NFTには所有者情報など本当の内容が分かります。コピーされたしまったら、インターネットのブロックチェーンの取引情報を開示すればそこに答えが書いてあります。ブロックチェーンの取引情報を改ざんすることはできないため、結論として絵画などの作品は唯一無二でありそれぞれ正確な情報設定がしっかり残っているのです。

NFTのスクショやコピーは無駄

NFTはブロックチェーン技術によってオリジナルであることを保証されています。そこで悪いことをして偽物を量産したとしても、一目瞭然です。スクショやコピーはできますが、本物は1点しか存在しないので価値がない偽物を生むことになり、無駄な努力で終わります。それがゆえに、詐欺師は苦労しているのです。

NFT市場は伸びている

NFT市場は現在拡大中です。2019年あたりからNFTが本格的に世界中で流行するようになり、2019年には2450万ドル、2020年には8250万ドル、そして2021年には17億ドルにまでなっています。今後もどんどん成長が見込まれている市場なのです。

2019$24.5 million
2020$82.5 million
2021$17.69 billion

NFTマーケットプレイス

Gate.ioではNFTマーケットプレイスに参入することができます。まずは口座開設をしてからの参加になります。興味がある方は以下の記事も参考にしてもらえればと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました