【Bybit:仮想通貨、nft】NFTゲームはつまらない? 面白くない、駄作が多い理由と将来性

Bybit

NFTゲームは始めるさいに悩み、やってみても本当に稼げない、つまらないと言われる理由を記事で解説します。NFT市場はここ近年突然拡大しており、とても注目されている市場です。その中でもゲームがとても注目を浴びているのですが、ゲームは面白くないものが多いと言われているのです。それはなぜなのでしょうか?

NFTゲームがつまらない理由

今ますます拡大しているNFT市場の中でも特に人気なのがゲームです。しかし現在、NFTゲームのほとんどは、実はとてもつまらないと言われているのです。その理由とは一体何でしょうか?今後始める際には以下の情報を紹介しますので参考にしましょう。プレイして初期からゲーム内で稼ぎ、儲かると言うことは容易ではありません。開発チームの費用やプレイヤーの事情などを加味する必要もあります。

課金ゲーム

NFTゲームのほとんどはスマホでの課金ゲームです。NFTゲームの製作者もビジネスでやっていますから、無料でやるとはいかないでしょう。しかしユーザー側からしても、課金してまで経験してゲームをしたくないという人が多いのが実態です。NFTゲームによって稼げる額は違いますが、課金額が多いゲームもあるのです。事前に課金があるとゲーム内でのアイテム獲得、利益の回収まで時間が必要になります。面白い、多くの魅力はありますが、リスクもあるわけです。

大企業が参入してない

NFTゲームの実態は個人の開発者や中小企業のゲームやwebの開発会社などがNFTゲームを作っています。まだ新しい業界だからということもあり大手のゲーム会社はまだ参入していません。それがゆえに内容のつまらないゲームが多いです。大企業が少なく、運営も低予算で作られています。暗号資産も価格変動が大きいので利益よりもリスクに感じる方も多いようです。予想される報酬の仕組みがあまり魅力的ではないため、大企業が参画しないと思われます。

ゲームの本数が少ない

NFTゲームはまだまだこれからということもあり、ゲームの本数が極めて少ないです。コンシューマゲームの存在であれば収益も大きく、本数も腐るほどありますが、NFTゲームとなると、結論としてほとんどが低予算で作られているうえに、本数が少ないため、ユーザーが満足できるレベルの作品があまりありません。重要な価値を付与できないため成功が難しいわけです。ユーザーは話題のゲームで楽しいバトルでトークンを得たいわけです。

機能が少ない

NFTゲームのほとんどは低予算で作成されています。それがゆえにあまり奥深さがない、薄っぺらいゲームが多いのが実態です。ストーリーもない、攻略するのも簡単となると、ユーザーがあまり積極的に課金したがらないのです。先行者も有名な方が少ないです。SNSなどで地味に発信しているのが現状で、海外では詐欺事件も起こっています。完全に仕組みを理解できるまで、ユーザーも失敗が怖くて手が出せない状況です。

NFTゲームを楽しむ方法

現状はクオリティの低めなゲームが多いのが実態ですが、それでも楽しむためには以下のような方法があります。公式サイトなどで最新の情報を入手しましょう。傾向としてyoutuberなどが続々、配信しているケースが増えています。興味があれば基本的にyoutubeで知らない、面白そうな印象のゲームを見つけることをおすすめします。テーマによってはルールも簡単で試しに歩いていくだけで稼げるゲームもあります。

ゲーマー同士の交流

NFTゲームがつまらないなら、同じゲーマー同士でコミュニティなどを作って交流してみるといいでしょう。ゲームは一人でやるととてもつまらないのですが、相手がいたり、話ができる人がいると、意外と楽しめたりします。攻略方法や意見交換ができます。

稼ぐだけ

ゲーマーはどうしてもゲーム自体を楽しみたいと考えてしまうのです。NFTゲームはアルバイトや副業と同じ感覚でやれば、そこそこの作業として割り切ってやることもできます。

他のゲームをやる

いまのNFTゲームのほとんどは単調なものが多いうえにクオリティがとても低いものが多いのが実態です。それであれば、色々なゲームを程よく楽しんでみるという手もあります。あれもこれもやってみれば、程よく楽しむことができるでしょう。

NFTゲームは流行る理由

NFTゲームはこれから流行るとも言われています。それには以下のような根拠があります。

市場の成長

NFT市場は2020年頃からいきなり爆発的に拡大しました。世界のNFT取引額は、2019年には2450万ドル、2020年には8250万ドルと、1年間で約3倍上昇しました。そして2021年には176億ドル。このままいけばとんでもない市場になると言われていました。

2019$24.5 million
2020$82.5 million
2021$17.69 billion

Source : 調査結果 (caa.go.jp)

しかしNFTの取引量が2021年中旬から減少しました。NFTの拡大が急激起こったことにより、NFTのバブルが崩壊したと言われています。ここから成長できるかは、注視するべきでしょう。

新しいゲーム体験

ゲームオタクは常に新しいゲームを欲しています。新しいゲーム体験ができるためNFTゲームが衰退することはないだろうと言われています。新しいゲーム体験ができるので、好奇心を持ってるゲーマーがこの市場から撤退する可能性は低いと言われています。

大企業が参入

最近は大企業がNFTゲームに参入してきています。スクウェア・エニックスやSonyなどが次々にNFT市場に参入してきています。大企業がNFTゲームに参入してきていることから、むしろこれから市場は活性化するとも言われています。

NFTの用途は多い

NFTの用途は多いです。購入した後、転売もできますし、趣味としても利用ができます。これから、NFTの使用用途がさらに拡大していくので流行ると言われています。

BybitのNFTマーケットプレイス

BybitではNFTマーケットプレイスがあります。アカウント開設をすれば、実際に参入して取引をすることが可能になっているので、挑戦してみましょう。無課金でも開始できるゲームもありますのでチャンス。誰でも最初は技術、スキルがありませんので地道に腕を上げてゲームをやるのがオススメです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました