【Gate.io:初心者向け】P2P取引とは? 特徴とメリット、デメリット 暗号資産をすばやく売買

Gate.io

Gate.ioはとても取引形態も多く、自由度も高いトレードができる取引所です。それもあってか、ユーザーもとても多くいます。そのなかでもP2P取引というものがあります。この取引もGate.ioでは可能になっておりますので、興味がある方は挑戦してみるのもいいでしょう。

P2Pとは?

P2PとはPeer to Peerを略した言葉です。この意味はインターネットに接続しているコンピュータ同士が、対等にデータを共有する通信方式を指します。一般的に通信をする際はクライアントサーバーなどがあり、このサーバーを経由して通信することが一般的です。しかしP2Pはクライアントサーバーが存在せず、個々でやり取りを直接するということになります。コンピュータ同士に上下関係はなく、対等にデータを共有することができます。

P2Pのメリットとデメリット

P2P取引は以下のような特徴を持っています。メリットでもあり、デメリットでもありますので、慎重に検討してみてください。取引は無期限となり、ユーザー同士の合意で申請、クリックして自動的に売却することになります。完了すれば仮想通貨が交換できます。サポートなどは行いますが100%自己責任にもなります。相場は変動するため利益を出すために現在の価格など詳細を事前に調べておきましょう。

いつでも通信

P2Pは上記でも説明した通り、クライアントサーバーに依存しません。個人個人がネット環境にいればいつでも接続することができるという利点があります。クライアントサーバーにアクセスが集中するわけでもありませんから、コンピュータに負荷がほとんどかからず、システム全体が落ちてしまうことはまずありません。

匿名性が高い

P2Pでは不特定多数のコンピュータにデータが分散されているため、すべての情報が把握されることはほとんどありません。そのため、自分が匿名でも活動することができますので、自分の身分が明かされるリスクも低くなります。

データの改ざんやハッキング

その一方で、P2Pはデータを個人でやりとりしますので、悪意を持ったユーザーによるウィルス混入などのリスクやハッキングのリスクがあります。P2Pの形だとクライアントサーバー形式よりもリスクがあるといえます。

ぼったくり価格

P2P取引は良くも悪くも個人取引になります。それにより価格も双方が応じれば価格はいくら安くても高くてもいいわけです。そのため、初心者の場合だとあまりにも高い値段で売り付けられてしまうというリスクもあります。P2Pは取引所が介入してこないため、個人がすべて決める必要があります。

P2P取引の始め方

P2P取引を始めるためにはまず口座を開設しなければなりません。口座開設は以下の記事で紹介していますので参考にしてもらえるといいでしょう。勿論本人確認まですべて終わらせるようにしてください。ベーシックな機能が備わっており、アクティビティセンターではオンラインで資金管理や振替が行えます。低リスクで毎週、上限なしで無限で取引が可能です。余剰資金でまずは投資しましょう。

口座開設が終わったらログインをしましょう。画面上部にある仮想通貨購入からP2Pを選択します。総合口座の残高を事前に確認しておきましょう。

Source : Gate.io

買いか、売り、そして数量や通貨、さらには支払い形式を選んでボタンを押すことで参加することが可能です。ちなみにP2Pでは法定通貨を設定することも可能になっています。

Source : Gate.io

Gate.ioの特徴と機能

Gate.ioは大口の機関投資家も投資する人気の仮想通貨取引所です。入金は仮想通貨(ビットコイン)、銀行振込、P2P、クレジットカード(VISA)などに対応しています。セキュリティも充実しており二段階認証に対応していますので安全です。プラットフォームも独自システムがあります。コミュニティもあり意見交換がユーザー同士で可能です。

取り扱いコインがとても多い

Gate.ioは世界の仮想通貨取引所の中でも最も取り扱いコインが多いです。BTC、ETH、USDTなどのメジャーなアルトコインを網羅しています。資金移動もクラシック口座、ポートフォリオ口座にできます。モバイルアプリ、webブラウザ両方でトレード開始できます。サポートセンターも頼りになります。

取引形態が豊富

取引形態が豊富なのもGate.ioのメリット。先物取引(デリバティブ)、信用取引、現物取引、ETF、流動性マイニング、ステーキングも可能です。注文履歴のダウンロードも可能で、トレーダーは簡単に確定申告に使えます。

イベント開催が盛ん

Gate.ioではスタートアップなどイベント、オークションが多数開催されており、新規上場コインがエアドロップ獲得できます。ボーナスやキャンペーンも豊富で公式サイトでその都度最新情報が確認できます。

取引方法はかなり豊富

Gate.ioではトレーダーが先物(レバレッジ)取引、現物取引、defi、流動性マイニング、ステーキングなどを行えます。BTC、ETH、USDTなどのメジャーなアルトコインも取り扱って提供しています。売買注文は簡単で分離マージン、クロスマージンに対応しています。

イベントが豊富

スタートアップイベントがあり、GTトークン保有して新規上場コインを購入することで、エアドロップ受け取り獲得ができます。最新情報概要は公式サイトで確認できます。ボーナスやキャンペーンもあり特典もあります。またコミュニティがあり、意見交換も可能。またコアユーザー向けにVIPランクがあります。

取り扱い銘柄がおおい

Gate.ioは業界でも世界中で最も取り扱い銘柄が多いです。商品の取引が可能ですからサービスが充実しています。ライブで市場にアクセスし、現物や先物、グリッド、流動性マイニングが提供されています。ブローカーからの公式ニュースはブログやSNSなどのメディアで最新が発信されていますので役立ちます。

多言語対応がされている

Gate.ioはグローバルな仮想通貨取引所となります。そのためespañol、Українська、türkçe、Русский、deutsch、việt、简体、中文、English、日本語、portuguêsなどプラットフォームは多言語に対応しております。世界中の地域から参加するトレーダーがいるのです。機関投資家も多く参加をします。コインもメジャー通貨に対応しており、bitcoin、ethereum、cardano、xrp、solana、dogecoin、gatetokenなども取り扱っています。

最大レバレッジは高い

現在の最大レバレッジは125倍で提供されておりとても高いです。さらにはアプリでも取引が可能なのでお得。取引履歴のダウンロードも可能です。公式サイトには用語集や利用規約もありますので見てみましょう。ボーナスはクレジットとして証拠金として使えますのでとても魅力です。招待プログラムもあり、個人で友達の紹介もでき、新規上場のコインも柔軟に取引が可能です。

学習コンテンツも豊富

Gate.ioでは取引についての学習コンテンツも豊富です。プロフィールを作成した後はウェブアカウントのなかで金融商品について勉強をしましょう。経済指標、マーチンゲール、ヘッジ、裁定取引(アービトラージ)、グリッドボット、ローンチパッドなどデジタル資産管理について学ぶことは常に多いです。

法定通貨にも対応

入金は銀行口座、デビットカード、クレジットカードで法定通貨にも対応しています。以下に対応しています。またtestnetもあり、デモから開始も可能です。大口取引をやるまえにまずはネットで多様なトレードに慣れることがおすすめです。

USD/JPY/EUR/GBP/NGN/PHP/IDR/EGP/UZS/CAD/MYR/BRL/RUB/INR/TRY/KZT/AED/CNY/HKD/ZAR/PLN/ARS/UAH/PGK/XOF/KES/PKR/GHS/UAH/THB/TWD/XAF/PLN/MXN/COP

コメント

タイトルとURLをコピーしました