【Gate.io:初心者向け】登録資格と制限 年齢、国と地域 取引解説

Gate.io

Gate.ioは世界的にもよく知られている仮想通貨取引所になり、登録ユーザーの数は全世界で1000万人を超えており、かなりたくさんのユーザーがいることが分かっています。しかし登録するためにはある一定の資格があるため、それを満たしている必要があります。

登録資格と制限

Gate.ioは残念ながら誰でも登録することができるわけではありません。登録方法は以下のリンクから確認することができます。しかし以下のいずれかの条件を満たせない場合は登録資格がありませんので、最悪の場合はアカウント停止になるため注意が必要です。最新の暗号資産取引所ではレバレッジがとても高いですが、サービス提供にあたって、中には以下のような規制、制約を設けています。安全に利用するためには以下の一覧で記載した主要なルールを守りましょう。

年齢制限

Gate.ioでは登録者は未成年がNGになっています。最低でも18歳以上の成年であることが絶対条件になります。この条件を満たさないとアカウント停止にもなりえますので、とても危険です。未成年の場合は利用を控えるようにしてください。セキュリティが非常に強化されており新規で購入するためのハードルが上がっています。webでは金融の種類とわず、資産がウォレットで管理されており、保有するにも管理が行き届くようになりました。

国連の制裁リストに入っている国のユーザー

国連安全保障理事会の制裁リストなど、貿易または経済制裁リストに登録されていないことが登録の条件になります。特に独裁国家のユーザーなどはこの点がとても大きな懸念材料になるでしょう。この条件を満たさないとアカウント停止にもなりえますので注意してください。サポートは受けられませんので理解してください。最近ではコイン、銘柄のプラットフォームでの取引はもちろん、ボーナスなども禁止。ニュースでもトレーダーに対する制約が目立っています。

特定の国、地域のユーザー

Gate.ioでは以下の国や地域のユーザーに対して特定の制限を設けたり、一部の機能を利用できない制約があります。ただしアメリカに関しては2023年現在、新しいGate.ioの会社を設立しているため、いずれ解消できる可能性がとても高いです。

  • United States
  • China
  • Singapore
  • Canada
  • Malaysia
  • Malta
  • Cuba
  • Iran
  • North Korea
  • Sudan
  • Syria
  • Crimea
  • Spain
  • Luhansk
  • Donetsk
  • Netherkands
  • Bolivia

よくある質問

以上が登録制限や利用制限を受けるユーザーの対象になりますが、それ以外でも最新情報のよくある質問をまとめています。参考にしてもらえるといいでしょう。最初に登録、招待される際はこれらの異なる事項を対策として抑えてください。目的によりますがいくつか気を付けるべき点があります。

男女で制限はあるか?

Gate.ioでは男性でも女性でも関係なく登録することが可能になっています。性別は全く問題ありませんので登録が可能です。ただし場所によっては登録はできません。暗号通貨の公式コンテンツを利用するには地域や国によって制限がありますのでデメリットもあります。香港、カナダ、北朝鮮、中国、イランなどの居住者は禁止となっています。

無職でも登録できる?

Gate.ioでは無職でも登録することが可能です。その理由としては登録時において、年収審査などは一切行っていないからです。つまり現在あなたが定職を持っていようがいまいが関係なく登録して取引を開始することが可能です。無職でも決済して利益を上げて行けるのが魅力です。モバイルアプリでキャンペーンやイベントで報酬も獲得できます。vipや先物の取引もできるのでおすすめです。

主婦でも登録できる?

Gate.ioでは主婦でも登録することが可能です。その理由としては登録時において、年収審査などは一切行っていないからです。資金さえあれば、身分なども関係なくトレードを行うことが可能になっている取引所になります。イーサリアムやビットコインなどさまざまな銘柄があります。口座の追加も可能ですので管理に自由度があります。業界でも評判の良い、信頼性のある取引所です。

学生は登録できる?

学生でも登録することは可能です。上記でも説明した通り、特徴としてその国の成年である18歳以上を満たせていれば問題なく登録が可能です。学生と言っても事実上高校生、大学生以上に限定されることにはなるでしょう。運営のサービスの提供に当たり他に制約はありません。入金や出金は自由にできますし、市場ではトークンを購入していけます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました