【Bybit:仮想通貨、nft 】NFTは胡散臭い? 詐欺? やめとけ? 理由解説

Bybit

NFTといえば2020年代にとても注目を浴びていますが胡散臭いため詐欺も多いですので理由を記事で解説します。しかしその過剰な宣伝を見ると胡散臭いと思われがちなのも事実です。実際のところはNFTは怪しいのでしょうか?投資をしても問題ないのでしょうか?その辺りを探っていきます。

NFTが胡散臭いと言われている理由

NFTは2020年あたりからとても流行している言葉です。しかしあまりにも突然出てきた言葉であり、流行でもあるため、警戒する人が多いのも事実です。胡散臭いと言われている理由は以下の物。人気で話題ではありますが実際にはイメージであり価値のある必要な作品、活用できるトークンというのはそれほどありません。アプリでも興味があれば簡単に取引できますが、その後使わないため意味を感じない人も多いです。

NFT詐欺

NFT詐欺はかなり多いです。NFTを作ったことがない人がマルチ商法で情報商材を高額で売るケースもかなり増えているため、危険です。そのため、NFTの言葉をうまく利用した詐欺商法がかなり多くあるため警戒されているのです。

価格変動が大きすぎる

NFT市場は2019年あたりからとても急速に拡大しています。しかし2021年の後半から一気に流通量が落ちて相場は急落しているのです。まだ発展途上にあるため、需要と供給のバランスも変動しやすく、暴騰と暴落をかなり繰り返しています。価格変動がとても高いため、「投機」として考えている人も多いです。

暗号資産

暗号資産という言葉がとても胡散臭いと思う人は多いです。それもそのはずで暗号資産の詐欺事件が世界的にもかなり多いからです。実際のところ、上記でも説明した通り、NFT取引においても詐欺がありますので、警戒されているのです。NFTはどうしても仮想通貨で売買するため仮想通貨と同列で語られます。

誇大広告

NFTに関する広告は、技術を使って誇張されている可能性が非常に高いです。明らかに怪しい広告が目立っており、「絶対稼げる」「損はしない」などというまるで販売において元本保証を謳ったようなものばかりです。あたかも全員が該当するかのように表現されがちなのがNFT広告です。webから情報を得る際には注意が必要です。

NFTを知らない

ブロックチェーンを利用したNFTはそもそもここ数年で出てきたもの。日本ではNFT自体を登録してやっている人や事例がそもそもあまりいないというもの怪しさに拍車をかけることになっています。まだまだデータでは市場は急拡大しているとはいえ、アクセスして利用するユーザーが少なすぎるのです。一部の界隈だけで買うだけのイベントになってしまっています。

法整備

仮想通貨やNFTは法整備が進んでいません。取引で何か問題が起こった場合に、責任の所在がどこにあるのか、しっかりしていません。そして保護されないのです。そのため心配する人が多いのは事実です。

NFTはこれから

以上のようにNFTに対する一般人の警戒心はとても高いです。今市場が不安定になっており投資する人がいなくなるのではないかという懸念があります。しかしそれでもNFTの時代は今後続くと考えられます。ハッキングなどのリスクも新たに増えてきており開発はさらに必要でしょう。NFTはアートだけでなく、アニメ、音楽などでさまざまなアーティストが生まれています。

ゲームプロジェクトの増加

近年はゲーム会社などがプロジェクトを始める例がユーザーの中でも確認、チェックされてきています。プロジェクトは新しいキャンペーン、特典などの大きなサービスの仕組みを発表しており、積極的に活動してます。ユーザーの中にはアイテムコレクションを集めたり、コミュニティを開始する例もあります。

将来性はあるのか?

結論として将来性と言う意味では上記でも挙げた法律が問題点となるでしょう。インフルエンサーやクリエイターが勉強して知識をためてから作品をオンライン出品して、収益を上げるにあたって法律の保護は必要になりますが追いついていません。まだ本当にタイミングが悪いため、現時点は詐欺師が暗躍しているので胡散臭く感じてしまうのです。

企業による新規参入

NFTは企業や著名人が続々と参入をしてきています。そのため、新規参入がまだまだあるうちはNFTのブームはまだ終わらないとみられています。その影響でこれまでNFTのことを全く知らなかった人たちにも認知度が向上してきているのです。有名企業でいえばFacebook、Adidasなどが挙げられます。

SNSによるNFT導入

InstagramやTwitterはNFTを導入してきています。Twitterのアイコンを唯一無二のNFTに設定できるようになりました。これにより一般人にもNFTを宣伝しているため、認知度が高まっていくと予想されています。

転売

NFTブームに乗っかって転売屋も登場しています。転売屋は一般的には嫌われる存在ですが、NFTの市場の活性化には役立っています。NFT転売のメリットとしてはデジタル資産となるため、固定費がかからないことでしょう。市場が発展途上であるため、今後利益が伸ばせるとも言われています。

BybitのNFTマーケットプレイス

BybitではNFTマーケットプレイスがあります。アカウント開設をすれば、実際に参入して取引をすることが可能になっているので、挑戦してみましょう。初心者の場合は自身で動画やSNSなどで発信し続けて作品を意識してアピールをすることが重要になるでしょう。ツイートなどのプラットフォームを使って十分なメッセージを人々に届けることが重要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました