【Gate.io:初心者向け】現物取引とは? 仮想通貨、暗号資産使い方解説

Gate.io

仮想通貨取引所のGate.ioにおいて現物取引について記事で解説します。レバレッジ取引と現物取引はほとんどの仮想通貨取引所で行うことができます。トレードをしていく中で現物取引をする方はとても多いですので、覚えておいた方がいいでしょう。操作方法について解説をしていますので参考にしてもらえればと思います。

現物取引とは?

現物取引とはその名の通り、決済時に現物と現金の取引が行われる取引のことを指します。自己資金のみで買い、売却する場合は保有している現物売却することができるという、ごく一般的な取引方法です。売却を行う場合は、あらかじめ仮想通貨を保有していることが前提になります。つまり最初に始める際は買いから入るしかありません。メジャーなコインであるBTC、ETH、USDT、XRPあたりがおすすめです。業界のニュースなどで相場情報は取得しましょう。

現物取引のメリット

現物取引を行うメリットは、どんなに損失が拡大しても、手元資金以上に損をしないことです。仮想通貨の売買は、価格が変動することによって損益が生じます。現物取引で投資している限り、損失が生じて借金になるリスクがないことはメリットといえます。

またレバレッジのようなてこの原理はありませんが、現物取引の場合は、レバレッジがない分、短期勝負をするトレーダーはそれほど多くないという点もあります。それがゆえに、長期間、放置してチャートを見ないでいいというメリットもあるため、チャートに釘付けにされてしまう可能性はとても低いと言えるでしょう。

現物取引のデメリット

買いからしか入れないことです。現物でありますから、まずは保有をしないと売却は絶対にできません。価格が下がりきるまで待ってから購入する必要があります。そのため利益を出せるタイミングを待たなければいけないことになります。

また現物取引ではスプレッドが大きく、短期間の間に大きな利益を上げることが難しいというデメリットがあります。そのため現物取引をするユーザーのほとんどは、長期トレードを前提として投資をすることがほとんど。レバレッジ取引と比べると資金効率にかなり違いがあります。ショートトレードが好きな方には向いていません。

先物取引とは?

現物取引と比較されがちで、先物取引(デリバティブ)というものがあり無期限ともいわれます。先物取引とは、指定した仮想通貨を将来売買することを約束する取引で期限はないです。取引が行われるのは将来であるため、先物契約を行った時点では現物の引き渡しや決済を行わない仕組みです。先物取引を行う場合は、取引所に対して証拠金を預けて取引を行うことが求められます。現物取引とは違って、売りから入ることもできます。契約の解除をするタイミングが決済、報酬の発生するのタイミングになります。

現物取引の始め方

市場で現物取引を始めるためにはまず口座開設をしなければなりません。以下の記事で紹介していますので参考にしてもらえればと思います。銘柄が上昇するまえに買うのがおすすめです。入金は法定通貨で銀行振込、P2P、クレジットカードなどがあります。他にも商品の信用取引やdefi、オプション取引、流動性マイニングなどが可能で収益を出せます。

口座開設をしたらまずはログインしてください。ホーム画面左上の「取引」から「現物取引」をクリックしてください。またマーケットでポジションをもつ前にイベントなどに参加していけば、ボーナスも申請することでもらえます。最新情報はメディアなどで発信されています。

Source : Gate.io

実際の取引画面になりますので、画面右側の「購入」を選択。数量を入力して、画面下の「購入」をクリックすれば、仮想通貨の購入が完了です。画面中央がチャートになります。また購入画面のすぐ左側が取引板となり、買い注文と売り注文をリアルタイムで見ることができます。画面の下は取引中の注文が表示されます。決済をする場合は表示されている注文をクリックで決済します。

Source : Gate.io

画面左上の通貨ペアをクリックすることで通貨ペアを切り替えることもできます。検索ボックスも出てきますので、自分の好きな通貨ペアを調べることもできます。

Source : Gate.io

Gate.ioの入金方法

Gate.ioは入金されたら先ずウォレットにお金が入ります。その後、それぞれのトレード用口座に資金を移動して使うことになります。Gate.ioはbinanceなど海外の暗号取引所の中でもかなり有名で、入金設定方法はとても簡単でおすすめ。metamask、クレジットカードやビットコインなどで入金できます。ポイントなどの付与されます。仮想通貨はQRコードのスキャン、アドレスのコピーアンドペーストで送金が可能です。

セキュリティ対策

Gate.ioでは運営会社のセキュリティ機能がしっかりしており、二段階認証機能があります。基本情報、パスワード管理なども安全です。VIPサービスに加入するとさらに厚遇されます。webのPCブラウザやスマホでアクセスして操作が簡単です。取引履歴はダウンロード可能です。

取引方法が豊富

日本国内の取引所に比べると、最新の取引方法が豊富。相場は複数に対応しておりステーキング、マイニング、現物取引、先物取引に対応しています。種類も豊富でBTC、ETHなどに対応しています。独自トークンGTの保有もでき、エアドロップ獲得、受け取りができるのがメリットです。独自プラットフォームもあります。

相場の動きに注意

現物取引の場合は特性上、買いからしか入れません。毎週、値動きの動向を分析して、低リスクで投資を始めましょう。モバイルアプリの端末からでもアプリケーションでエントリーはできますので、インジケーターなど使って、下降したタイミングを狙いましょう。金融商品に保証はありませんので、自身でスキルを向上させ、洗練させていく必要があります。

多言語対応がされている

Gate.ioはグローバルな仮想通貨取引所となります。そのためespañol、Русский、việt、简体、中文、deutsch、türkçe、tiếng、indonesia、portuguêsなど多言語に対応しております。世界中の地域から参加するトレーダーがいるのです。機関投資家も多く参加をします。コインもメジャー通貨に対応しており、bitcoin、ethereum、cardano、usdg、gatetokenなども取り扱っています。

最大レバレッジは高い

現在の最大レバレッジは125倍で提供されておりとても高いです。さらにはアプリでも取引が可能なのでお得。取引履歴のダウンロードも可能です。公式サイトには用語集や利用規約もありますので見てみましょう。ボーナスはクレジットとして証拠金として使えますのでとても魅力です。招待プログラムもあり、個人で友達の紹介もでき、新規上場のコインも柔軟に取引が可能です。

学習コンテンツも豊富

Gate.ioでは取引についての学習コンテンツも豊富です。プロフィールを作成した後はウェブアカウントのなかで金融商品について勉強をしましょう。経済指標、マーチンゲール、ヘッジ、裁定取引(アービトラージ)、グリッドボット、ローンチパッドなどデジタル資産管理について学ぶことは常に多いです。

法定通貨にも対応

入金は銀行口座、デビットカード、クレジットカードで法定通貨にも対応しています。以下に対応しています。またtestnetもあり、デモから開始も可能です。大口取引をやるまえにまずはネットで多様なトレードに慣れることがおすすめです。

USD/JPY/EUR/GBP/NGN/PHP/IDR/EGP/UZS/CAD/MYR/BRL/RUB/INR/TRY/KZT/AED/CNY/HKD/ZAR/PLN/ARS/UAH/PGK/XOF/KES/PKR/GHS/UAH/THB/TWD/XAF/PLN/MXN/COP

コメント

タイトルとURLをコピーしました