【Gate.io:初心者向け】暗号資産貸付 ステーキングとは?

Gate.io

Gate.ioではレバレッジ取引もできますし、現物取引も可能な仮想通貨取引所の一つになります。しかしそれだけではないのです。Gate.ioではステーキングも可能になっています。様々な戦略で利益を出せる取引所がGate.ioとなるのです。

ステーキングとは?

ステーキングとは、仮想通貨を取引などに使用せずウォレットに保有しておき、ステーキングイベントに参加することで利益が得られる仕組みのことを指します。つまり、お金をただ預けるだけでお金が稼げるというものになります。ステーキングでは、年間の利回りがあらかじめ設定されており、通貨の保有者は株式投資の配当のような報酬をもらえるので、株の投資をしている方は想像がしやすいと思います。

株式投資と仮想通貨ステーキングの違い

上記の話からすると、株式投資はステーキングと同じだと思っている方も多いでしょう。似ている部分は多いのですが違うところもあります。株式投資は、基本的に企業に対して投資しているのに対して、ステーキングはブロックチェーンを対象としています。ステーキングした通貨は購入者でも動かせず、ロックされる状態になります。これをロックステーキングなどと呼ぶことがあります。しかし自由に動かせない通貨が多いほど利益率が高いケースもあります。

ステーキングの特徴

ステーキングには以下のような特徴を持っています。ただし投資ですので100%勝てることを保証する制度ではないので理解したうえでやるかどうかを考えましょう。

トレードスキル不要

レバレッジ取引や為替取引などでは、反発ポイントを探してトレーダーがチャートに張り付いてエントリーを狙うことになります。しかしステーキングはトレードスキルが必要ありません。お金を預けるだけですので、スキルがない方でも利益が出せる可能性があります。

参加が簡単

仮想通貨で利益を得るためには、非常に多くの知識を必要としますがステーキングであれば、ステーキングサービスに対応している取引所で通貨を保有しているだけで、ほぼ確実に利益を獲得できます。そのため、参加要件も低いです。

銀行以上の年利

先進国の大半は銀行にお金を預けてもほとんど恩恵はありません。ステーキングの場合は年利が銀行よりもはるかに高く、3%~6%程度となっておりとても人気があります。長期的な資産運用であれば、ステーキングがとてもおすすめです。

ステーキング参加方法

ステーキングの参加をするためにはまず口座開設が必須になります。以下の記事で紹介していますので参考にしてもらえるといいでしょう。また本人確認も完全に完了させておいてください。

口座開設が終わりましたらログインをしましょう。上部メニューの財務からステーキングを選択します。

Source : Gate.io

ステーキングできるプロジェクトの一覧が表示されますので興味のあるものを選択しましょう。ロックされる期間もここでわかります。

Source : Gate.io

預ける期間と、数量、そしてボタンを押すことでステーキングに参加することが可能になっています。

Source : Gate.io

Gate.ioの特徴と機能はどのようなものがある?

Gate.ioはステーキング以外にもたくさんの機能を持っています。手数料コミッションは低く、セキュリティ機能、規制がとても高いです。二段階認証に対応しており、ポートフォリオ口座、クラシック口座の資金管理もしっかりしております。金融商品も豊富で取り扱いコイン数は世界一です。大口取引をする機関投資家も多数参加しているマーケットです。プラットフォームも独自システムがあります。サブアカウントの作成も可能です。

取引方法は豊富

Gate.ioは取引方法が豊富で、ステーキング、信用取引、現物取引、グリッドボットで自動化、先物取引、流動性マイニング、ETFなども可能です。注文履歴は公式の指定ページでダウンロード可能です。トレードはモバイルアプリのアプリケーション、PCブラウザ両方でいつでも開始できます。短期、長期いずれのトレードでもお勧め。BTC、ETH、DOGE、USDTなどのメジャーなアルトコインに対応しています。

入出金方法に対応

Gate.ioは収益を出金する際は仮想通貨(ビットコインなど)、入金、支払いは法定通貨やP2P取引、さらにはクレジットカード(VISA)でも対応しています。またAPI機能なども利用可能です。スタートアップなどのイベントも多数あり、エアドロップ獲得できます。最新情報は公式ページに掲載されています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました